川村優理 学芸員 エッセイスト 童話作家 学びの達人 遊びの達人


展示のポスター集
2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年
2019年   2020年   2021年
2021年、NPO法人うちのの館で行われた展示のポスター集
「写真帖「中道軒の内外」」展 < 展示期間 > 令和3年7月1日〜9月18日

写真に見る「洋館」の不可思議な美学。
中道軒(ちゅうどうけん)(別名 大丸ヴィラ)は大丸の創業家12 代目当主下村正太郎によって建築された英国チューダー様式の建物(昭和7 年完成)です。設計者は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズで、京都市の登録有形文化財に指定されています。

「アカリノカタチ」展 < 展示期間 > 令和3年7月1日〜9月18日

「藤岡家住宅」に残る行灯や火屋、ランプといった灯火具(江戸〜昭和)。
明治時代の物理学による「光」論。
「灯」を描いた俳句、絵画等人々の捉えた「灯」の世界を語る資料を展示します。

絵画に見る五十三次の旅人 < 展示期間 > 令和3年4月〜7月

『京江戸本海道道中記』享保十八年癸丑年(1733 年)八月吉日
『東海道五十三次合作画巻』大正八年(1919 年) 大谷尊由 井口華秋画
『東海道五十三次』江戸時代 作者不明

武者絵 < 展示期間 > 令和3年4月1日(木)〜6月20日(日) 

菖蒲の節句にちなみ、藤岡家住宅所蔵の武者人形・武者のぼり・武者を描いた書物・巻子などを展示します。

新年の展示「うなゐのとも」に見る玩具の牛 < 展示期間 > 令和3年1月7日(木)〜

郷土玩具研究家・清水晴風『うなゐの友』は、明治〜大正時代の郷土玩具の画集です。
うなゐとは、子供の髪型や童子を意味し、「子供の友であるおもちゃ」という意味です。
晴風の没後は、西澤笛畝(にしざわてきほ)が発行を受け継ぎました。
丑年のお正月にちなみ、同著に描かれている「牛」たちと、藤岡家所蔵の「牛」を表す郷土玩具を展示致します。
『うなゐの友』(全7編)の内5編は、令和元年「おもちゃ」展で展示しましたが、その後調査が進み、新しく2編が厨子部分から発見されました。本年の干支「牛」にちなみ『うなゐの友』7 編と、藤岡家所蔵の牛の玩具を展示します。
布展 < 展示期間 > 令和3年1月7日(木)〜3月20日(土) 

THE FABRIC MAGIC「布」

イベントポスター集
2021年、NPO法人うちのの館で行われたイベントポスター集
令和3年10月23日
 
マスク・デ・ナイト・R3